SIer

SIerのお勧め転職先

SIerで働いているけど、転職するならどこにすればよいだろうか疑問に思いませんか? 転職したいけどなかなかできなくありませんか?。 この記事では、そんなお悩みを解決する記事になっています。
転職

転職したいけど1歩踏み出せない時に考えるべきこと

転職したい、けど会社を辞める勇気を持てない。誰しもが抱える問題だと思います。会社を辞めることは、大きな勇気が必要です。しかし、今後の日本では、転職が当たり前な時代が来ます。ある種転職慣れする必要が出てきます。
転職

転職で受からないと悩んでる人はエンジニアになろう

転職活動をしてるけどうまくいかないという方が多いと思います。 その中で多くの悩みとして、「自分に武器がない」という人が多いです。しかし、安心してください。現在簡単に武器を作れる時代になりました。
スポンサーリンク
エンジニア

自分に自信をつける方法【ITエンジニアとしての道】

自分に自信がない。多くの人が抱える悩みだと思います。 自分に自信を付ける方法は簡単です。 手に職を付けエンジニアになることです。現代は教育が整っており、だれでも簡単にエンジニアになることができます。 自分を変えたいと思ことに遅すぎるということはありません。
SIer

SIerをお勧めしない理由【現役SEが解説】

SIer業界は、今後伸びていくとされている企業ですが、ビジネスモデルがブラックになりやすいので、ITエンジニアになりたいのであれば、SIer出ないIT企業に就職することをお勧めします。
SIer

SIerとは【現役SEが解説】

SIerとは、システムインテグレター事業者のことをいいます。主に、顧客から依頼されたシステムを作る事業者のことを言います。SIer業界の構造はピラミット構造となっており、大手SIer、中堅SIer、孫請けSIerとなっており、大手SIerが1次請けし、中堅SIerが大手SIerから仕事を依頼される構造になってます。
SIer

独立系SIerとは【現役SEが解説】

独立系SIerについて解説してきました。独立系SIerは、プログラミングを行うことが多いので、ユーザー系やメーカー系と違いプログラミングスキルを身に着けることができます。将来フリーランスとして活躍したいという方は、おすすめです。
SIer

メーカー系SIerとは【現役SEが解説】

メーカー系SIerの特徴として、自社や親会社のハードウェアを抱き合わせてトータルソリューションを行う会社が多いのがあります。すべて一つの会社に依頼することができるので、顧客が安心して利用できるのが強みになります。
SIer

ユーザー系SIerとは【現役SEが解説】

ユーザー系SIerの特徴は、親会社の業務知識に精通した、提案をすることができるので、打ち合わせなどでスムーズに行うことができるのが特徴です。業務に精通しているので、顧客が安心して利用できるのが強みですね。
フリーランス

フリーランスの平均年収

フリーランスになりたい方は、平均年収が気になりますよね。 この記事では、フリーランス業界全体の平均年収、業種の平均年収、獲得経路の平均年収を解説しています。 是非これを見て参考にしてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました